2017年9月5日火曜日

Nomine interview on Drum&BassArenaも必読

私とアミットは毎週日曜日にそこ(メタルヘッズのブルーノート・セッション)にいました。それがインスピレーションとモチベーションの主な源泉だったのです。私たちがしたことは、シーンに参加して関わるということ。毎週土曜日には、ミュージック・ハウスに行き、DATを提出していました。私は〈リンスFM〉でプレイしていたのですが、そのショウでプレイするするためだけに週に300ポンド(約50000円)をダブプレートのカットに費やしました。私たちが尊敬していたDJがプレイしたり開催している場所へは、何処にでも行ってサポートしました。それが最も大切なことだったのです。私の生徒たちには、可能な限り積極的に行動しようと常に奨めています。私は、パイレーツ・ラジオでのセットの為に有り金を使ってダブプレートをカットするだろうし、国を上下に旅行してレイヴに行きます。私たちは水曜から日曜まで出かけて、起こっていることをサポートするでしょう。
Drum&BassArenaに掲載されているNomine a.k.a. Outrageのインタヴューが面白かったので紹介。Nomineの前の(更に前の)変名Rageの誕生から、最新作でのDigitalとのコラボEP、そして10月に日本上陸するEducation & Bassツアーについても語っています。先日のV.I.V.E.Kインタヴューと共に必読です。

How Outrage found his groove again - Drum&BassArena
https://breakbeat.co.uk/interview/how-outrage-found-his-groove-again/

0 件のコメント:

コメントを投稿